ジャパンカップはジェンティルドンナが史上初の連覇。ゴールドシップは15着に大敗

ジャパンカップ

1着 ジェンティルドンナ
2着 デニムアンドルビー
3着 トーセンジョーダン

ジェンティルドンナ、ゴールドシップ、エイシンフラッシュの三強対決というオッズになったジャパンカップは1番人気のジェンティルドンナがスローをうまく先行して快勝。史上初のジャパンカップ連覇となりました。

勝ったジェンティルドンナは今回の位置取りは完璧と言えるのではないでしょうか。
時計の遅い決着となったので着差はつきにくいレースではありましたが、この馬への期待を考えれば少し物足りなかったかなという気もします。
安定度という面で考えればトップクラスの馬である事は間違いありませんが、強さという面ではここでもまた見せられなかったという印象です。
有馬記念は恐らく出てこないと思いますが、来年上積みがあるかと言うと少し不安になっちゃいますね。

2着デニムアンドルビーは東京コースでの4F勝負が合っているのと、53kgの斤量がやはり有利に働きました。
また、3コーナーから同じような位置にいたゴールドシップと通ってきたコースを比べれば、浜中騎手も焦らず直線勝負できた事が分かりますね。
この馬はタイプ的に今後のローテーションは少し難しくなりそうですが、ハマった時の末脚はやはり素晴らしいものを持ってます。

3着トーセンジョーダンはさすがの実力馬ですね。
今回は調子も戻ってきていたようですし、ペースが遅かった事もありすんなりと先行できた事が大きかったですね。
次は有馬記念を予定しているようで、メンバー次第では先行馬としてちょっと無視できない存在にもなりそうです。

エイシンフラッシュは押し出される形でハナを切って10着。他に行く馬がいなかったので、こうなってしまうと難しいですね。前に1頭でもいればまた違った形になっていたとは思います。

ゴールドシップは15着。この馬にはかなり難しいレースになったのは確かですが、それにしてもここまで負けるとは思いませんでした。
有馬記念には予定通り出てくるとは思いますが、鞍上はひょっとしたら乗り替わりがあるかも、という事のようですね。
中山2500なら改めて期待したいところですが、ここまでの大敗をどう見るかという事になりますね。

ジェンティルドンナは岩田騎手からムーア騎手への乗り替わりでJCへ

天皇賞(秋)2着のジェンティルドンナはJCではムーア騎手とのコンビが決定。

3歳春から岩田騎手とのコンビで戦ってきましたが、今年の3戦では勝ち星がなく、天皇賞(秋)でもかかってしまった事もあって結果的には判断ミスとも言える位置取りになってしまいました。
岩田騎手にとっては残念な乗り替わりになりますが、勝負の世界ですから結果が出なければこうなってしまいますね。

ムーア騎手は2010、12年にもこの時期に日本に乗りに来ていますが、成績的には抜群。
スノーフェアリーでの二度のエリザベス女王杯制覇は非常に印象深いです。
このムーア騎手を確保できたからこその乗り替わりと言える部分もありそうですね。

レースへの影響という意味では、このところかかり癖が出てきた事もありますが前々で強気な競馬をしていた岩田騎手から、追えるムーア騎手への乗り替わりという事ですから、JCでのジェンティルドンナはもう少し抑えていきたいという意図がありそうです。

1番人気に推された先週の天皇賞・秋で2着に敗れたジェンティルドンナ(牝4歳、栗東・石坂正)が、連覇のかかる次戦のジャパンC(11月24日・東京)にライアン・ムーア騎手(30)=イギリス=との新コンビで挑むことが決定した。

 30日朝に栗東トレーニングセンターで石坂正調教師が「オーナーサイドと協議して決まりました。レースまでに乗ってもらうかどうかは、まだ先のことなので分かりません」と明かしたもの。
http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2013/10/30/0006458479.shtml