ジャパンカップ予想

ジャパンカップ予想(攻略、予想等)に関するまとめブログです。

ジャパンカップはジェンティルドンナが史上初の連覇。ゴールドシップは15着に大敗

   


ジャパンカップ


1着 ジェンティルドンナ
2着 デニムアンドルビー
3着 トーセンジョーダン

ジェンティルドンナ、ゴールドシップ、エイシンフラッシュの三強対決というオッズになったジャパンカップは1番人気のジェンティルドンナがスローをうまく先行して快勝。史上初のジャパンカップ連覇となりました。

勝ったジェンティルドンナは今回の位置取りは完璧と言えるのではないでしょうか。
時計の遅い決着となったので着差はつきにくいレースではありましたが、この馬への期待を考えれば少し物足りなかったかなという気もします。
安定度という面で考えればトップクラスの馬である事は間違いありませんが、強さという面ではここでもまた見せられなかったという印象です。
有馬記念は恐らく出てこないと思いますが、来年上積みがあるかと言うと少し不安になっちゃいますね。

2着デニムアンドルビーは東京コースでの4F勝負が合っているのと、53kgの斤量がやはり有利に働きました。
また、3コーナーから同じような位置にいたゴールドシップと通ってきたコースを比べれば、浜中騎手も焦らず直線勝負できた事が分かりますね。
この馬はタイプ的に今後のローテーションは少し難しくなりそうですが、ハマった時の末脚はやはり素晴らしいものを持ってます。

3着トーセンジョーダンはさすがの実力馬ですね。
今回は調子も戻ってきていたようですし、ペースが遅かった事もありすんなりと先行できた事が大きかったですね。
次は有馬記念を予定しているようで、メンバー次第では先行馬としてちょっと無視できない存在にもなりそうです。

エイシンフラッシュは押し出される形でハナを切って10着。他に行く馬がいなかったので、こうなってしまうと難しいですね。前に1頭でもいればまた違った形になっていたとは思います。

ゴールドシップは15着。この馬にはかなり難しいレースになったのは確かですが、それにしてもここまで負けるとは思いませんでした。
有馬記念には予定通り出てくるとは思いますが、鞍上はひょっとしたら乗り替わりがあるかも、という事のようですね。
中山2500なら改めて期待したいところですが、ここまでの大敗をどう見るかという事になりますね。

 - 参考・関連レース, 過去結果 , , , ,